切り抜き(2) カスタム 幅、高さ指定 Photoshop Elements

Photoshop Elementsの切り抜きツール「カスタム」による幅、高さ指定のトリミング

切り抜き(2)− カスタム 幅、高さ指定による切り抜き

Webサイトへ画像を掲載する時、オリジナル画像をそのまま掲載するのではなく、必要な部分だけ切り抜き(トリミング)、余分な部分を削除し使用する場合があります。

Photoshop Elementsの切り抜きツールを使用すると、簡単に切り抜きできます。

切り抜きツールには、いくつかの切り抜きパターンがありますが、「カスタム 幅、高さ」を指定し、オリジナル画像から必要な部分を切り抜き、指定された幅、高さに画像サイズを縮小する操作を説明します。

■ 切り抜き カスタム 幅、高さ指定のトリミング■


切り抜き(トリミング)&画像サイズの縮小

切り抜き (カスタム 幅、高さ指定) 操作方法

1.画像を開く

ファイルの開き方は、「ファイルを開く」を参照ください。

 


2.画像の表示

デジカメの大きなサイズの画像表示

画像が、表示されます。

サンプルでは、画像解像度5184×3888pxの画像が、表示倍率10.5%で表示されています。


 


3.切り抜き 「カスタム 幅、高さ指定」

(1)切り抜きツールの選択

切り抜きツールの選択
関連ツール
切り抜きツールの関連ツール

ツールボックスから「切り抜きツール」を選択します。

ツールボックスに「切り抜きツール」が表示されていない場合もあります。
その時、ツールボックスには、次の関連ツールが表示されており、それを選択します。

<関連ツール>
@切り抜きツール
A型抜きツール
B遠近法の切り抜きツール


(2)ツールオプションバーの選択、表示

ツールオプションバー

タスクバーの「ツールオプション」ボタンを押下します。
ツールオプションバーが表示され、その左端に関連ツールが表示されています。
切り抜きツールが、選択されていることを確認/選択します。


(3)ツールオプションの設定(その1)

ツールオプション設定

ツールオプションバーの「切り抜きツールプリセット」からとりあえず「自由な形に」を選択します。


(4)ツールオプションの設定(その2 範囲設定)

切り抜き 範囲設定

切り抜き範囲の「幅」および「高さ」をピクセル単位にて指定します。注1)
幅、高さを指定すると切り抜きツールプリセット一覧が「カスタム」に変わります。


サンプルでは、切り抜き範囲の幅:500px 高さ:500px(1:1の切り抜き)を指定しています。注1)

注1)環境設定→単位・定規の「定規」の単位により異なります。 サンプルでは、pixel単位を設定

 


(5)切り抜き範囲の選択

幅・高さ指定 カスタム・切り抜き

切り抜く部分の開始点をクリックし、終了点までドラッグすると、選択範囲が点線にて表示されます。
範囲選択のドラッグ時は、指定した幅・高さの比率で選択されます。
また切り抜き範囲選択時、範囲の幅、高さが表示され、参考になります。


サンプルでは、AからBまでドラッグ、選択範囲の点線を黄色で表しています。
設定として幅500px 高さ500pxの1:1を設定しており、正方形のみが選択できます。

 


(6)切り抜き範囲の調整

ドラッグ後の状態
切り抜き範囲調整

ドラッグ終了すると選択範囲内は透明に、範囲外は半透明になります。
選択範囲の回りの4か所のマーク(赤○印)をドラッグすると、切り抜き範囲を調整できます。 また選択範囲内をドラッグすると、選択範囲を移動できます。

さらに選択範囲外(暗い部分の四隅付近)でドラッグすると角度の調整ができます。


調整終了後、「確定」をクリックします。


(7)切り抜き(カスタム 幅、高さ指定)の確定

カスタム・切り抜き範囲の確定

これで切り抜きが確定し、選択範囲部分のみの表示になります。
さらにカスタム 幅・高さ指定のサイズで画像解像度が縮小されます。

サンプルでは、表示倍率 10.5%のままで、画像解像度が500×500pxになり、小さく表示されています。

切り抜き(カスタム)の終了です。


 


4.画像の表示(100% 等倍表示)

(1)ズームツールの選択

ズームツール 等倍表示

ツールボックスの「ズームツール」をダブルクリックすると、 表示倍率 100% 等倍表示されます。


(2)表示倍率100% 等倍表示

表示確認

表示倍率100%にて表示されます。



5.完成イメージ (切り抜き カスタム 幅、高さ指定)

幅、高さ指定の切り抜き できあがり〜〜〜!

・切り抜き後:500×500px

トリミング カスタム指定


6.取り消し/やり直しボタン

<タスクバー>
画像編集 取り消し/やり直しボタン
<メニューバー>
取り消し/やり直し メニュー操作

画像編集時の取り消し/やり直しの時には、タスクバーの「取り消し」/「やり直し」ボタンを使用します。

またメニューバーの「編集」、「取り消し」/「やり直し」の選択でも操作できます。

ショートカットもあります。
取り消し:Ctrl + Z
やり直し:Ctrl + Y



6. 画像ファイルの保存く

ファイルの保存は、「ファイルの保存」を参照ください。