線を描く(手書き) ブラシツール

ブラシツールによる手書きの線、文字 フォトショップ エレメンツ

Home > 画像編集・線を描く(手書き)

線を描く(手書き) - 概要

Webサイトへ画像を掲載する時、その画像に説明コメントや図解などを記載するとわかり易くなるでしょう。また手書きのコメントや図解であれば温かみがあるかもしれません。

この「線を描く」ページでは、ブラシツールを使用し画像に線、文字などの絵を描く操作を説明します。

■ 線を描くイメージ ■


手書きの線を描く、手書きの文字を書く

線を描く(手書き)- 操作方法

1.画像の表示

ファイルの開き方は、「ファイルを開く」を参照ください。

 


(2)画像の表示

等倍表示

サンプルでは、画像解像度 500×375pxの画像が、表示倍率 100%で表示されています。


 


2.新規レイヤーの作成

(1)新規レイヤー作成の選択

背景レイヤーに直接描画も可能ですが、線描画用の新たなレイヤーを作成します。
新レイヤー使用により、変更が容易になります。


メニューバーから「レイヤー」→「新規」→「レイヤー」を選択します。


 


(2)レイヤー名の設定

レイヤー作成選択

レイヤー名を設定します。
名称を設定しない時には「レイヤーn」(n:1、2、3・・・)です
複数のレイヤーを使用する場合、修正時を考慮しレイヤー名を設定した方が、識別し易くなります。

サンプルでは、「レイヤー1」のままです。


 


(3)新規レイヤー

新規レイヤー

新規レイヤーが作成され、パネルエリアに「レイヤー1」の名前で作成されます。

後続ステップでは、「レイヤー1」を使用するため、このレイヤーが選択されている必要があります。


 


3.ブラシツールの選択

(1)ブラシツールの選択

ブラシツール
ブラシツール

ツールボックスから「ブラシツール」を選択します。

ツールボックスに「ブラシツール」が表示されていない場合もあります。
その時、ツールボックスには、次の関連ツールが表示されており、それを選択します。

<関連ツール>
①ブラシツール
②印象派ブラシツール
③色の置き換えツール


(2)ツールオプションバーの表示

ツールオプション

タスクバーの「ツールオプション」ボタンを押下します。

ツールオプションバーが表示され、その左端に関連ツールが表示されています。
ブラシツールが、選択されていることを確認/選択します。


 


(3)ブラシの設定

ブラシ設定

ブラシの種類、サイズを設定します。

ブラシ一覧から好みに合わせ種類、サイズを選択します。

サンプルでは、輪郭がソフトな感じのブラシ、5px、不透明度 100%を選択しています。


 


(4)ブラシの色設定

現在の描画色
描画色設定
色設定後
色設定後

ツールボックスの「カラー」をクリックすると「カラーピッカー」が表示され、ブラシの描画色を設定します。

「カラースライダー」(中央の細長い色)と「カラーフィールド」、あるいは「カラー値」により色を設定します。

サンプルでは、「カラー値」に白色のカラー値(16進数 ffffff)を入力しています。


 


4.線を描く

(1)線を描く

ブラシツール描画

画像上をクリック・ドラッグしながら画像上を進みドラッグ終了(クリック解除)すると、その軌跡に線が描かれます。

ドラッグの開始点から終了点までが一つの描画単位です。後述の取り消し単位です。


3回のドラッグで描画
3回のドラッグ描画

サンプルでは、ドラッグ開始点AからBまで3回繰り返し描画しています。

ドラッグ1、2、3の順序で描画し、三つの描画単位です。



(2)取り消し(その1 ブラシの取り消し)

Photoshop Elementsの直前操作の取り消し機能を使用し、 直前の1描画単位の操作を取り消します。

ブラシツール描画の取り消し

メニューバーの「編集」→「ブラシツールの取り消し」を選択すると、直前の描画操作が取り消されます。
あるいはタスクバーの「取り消し」でも。
(ショートカットキー:Ctrl+Z)



取り消しは、直前のドラッグ開始点から終了点までの1描画単位です。
なお複数の描画単位で操作を繰り返し、複数回前の描画を取り消す場合は、この取り消し操作を繰り返します。
前述(1)サンプルでは、取り消し単位が三つであり、その取り消し順序は、ドラッグ3回目,2回目,1回目です。


(3)取り消し(その2 消しゴムツール)

ブラシツール描画の取り消し

ツールボックスの「消しゴムツール」を選択し、 ツールオプションのブラシ種類、サイズを設定します。

パネルエリアのレイヤーが、線描画用のレイヤーであることを確認し、画像の修正部分をドラッグしながら消します。



5.線を描く(手書き文字)

ブラシツール描画

線を描く要領にて文字も描けます。



6.完成イメージ

線を描く完成


7.画像ファイルの保存

ファイルの保存は、「ファイルを保存」を参照ください。

この「線を描く」ではレイヤーを使用しています。
保存時のファイル形式を、Jpeg形式以外にPhotoshop形式(*.PSD)で保存しておくと変更が容易です。