画像に文字入れ

Photoshop Elementsによる写真画像の文字入れ操作(テキスト入力)

文字の入力 − 概要

旅行写真や記念写真に場所やコメントなど文字入れしたいと思うこともあるでしょう。
またWeb掲載の写真にも説明文などの文字入れしたいと思うことも。

フォトショップ エレメンツの文字ツールを使用すれば、文字入れも簡単にできるでしょう。
画像の文字入れ・テキスト入力の操作方法を説明します。

■ 文字入れ、テキスト入力のイメージ ■


フォトショにて文字入れ テキスト入力

画像左上に白色の文字を入力

文字の入力 − 操作方法

1.画像を開く

ファイルの開き方は、「ファイルを開く」を参照ください。

 


2.画像の表示 

画像の表示 倍率100%表示

画像が、表示されます。

サンプルでは、画像解像度500×375pxの画像が、表示倍率100%で表示されています。

予め画像サイズを使用時のサイズに合わせ、表示倍率 100%表示にしておくと、 文字入れ操作において文字サイズを決め易くなりお薦めです。



 


3.文字ツールの選択

(1)文字ツールの選択

文字ツール
関連ツール
文字ツールの関連ツール

ツールボックスから「横書き文字ツール」を選択します。

ツールボックスに「横書き文字ツール」が表示されていない場合もあります。
その時、ツールボックスには、次の関連ツールが表示されており、それを選択します。

<関連ツール>
@横書き文字ツール
A縦書き文字ツール
B横書き文字マスクツール
C縦書き文字マスクツール
D選択範囲に沿ったテキストの追加ツール
Eシェイプに沿ったテキストの追加ツール
Fカスタムパスに沿ったテキストの追加ツール


 


(2)ツールオプションバーの表示

文字ツール

タスクバーの「ツールオプション」ボタンを押下します。
ツールオプションバーが表示され、その左端に関連ツールが表示されています。
横書き文字ツールが、選択されていることを確認/選択します。


 


4.文字ツール オプション設定

(1)文字フォントの設定

文字フォント

ツールオプションバーの「フォントリスト」からから好みのフォントを選択設定します。

サンプルでは、「MSゴシック標準」を設定しています。


 


(2)文字フォントサイズ、行揃えの設定

文字サイズ

ツールオプションバーの「サイズ」を選択し、 フォントサイズリストから設定します。
リストに好みのサイズが無い場合には、値を直接入力することもできます。

行揃えは、「テキストの左揃え」、「テキストの中央揃え」、「テキストの右揃え」の中から設定します。

サンプルでは、フォントサイズ 6pt、テキスト左揃えを設定しています。


 


(3)行送りの設定

行送り設定

ツールオプションバーの「行送り」を選択し、 行送りリストから好みの行送り値を設定します。

サンプルでは、行送り値に6ptを設定しています。


(4)フォントサイズ、行送り値のサンプル

フォントサイズ、行送り値のイメージ(参考)
行送り設定値サンプル

フォントサイズと行送り値の参考例です。

この値は、テキストのベースラインの距離です。
ベースライン距離(行送り値)は、行の位置(行の下)から次の行の位置(行の下)までと思えばよいでしょう。

参考としてフォントサイズ6ptで 行送り値を 6pt、8pt、10ptの3通りです。


 


(5)文字カラーの設定

「スウォッチ」ダイアログ
文字カラー設定

ツールオプションバーの「カラー」を選択します。

「スウォッチ」ダイアログから文字の色を設定します。

サンプルでは、「白」を設定しています。


 


5.文字の入力

(1)文字 入力位置

文字の入力

画像上の文字入力位置にポインターを移動しクリックすると、入力用カーソル(縦)が表示され、入力可能になります。


テキストレイヤー

ウインドウ右側のレイヤーパレットには「テキストレイヤー」が 「レイヤーn」の名称で作成されます。


 


(2)文字の入力、確定

文字の入力

文字の入力ができ、改行は Enterキーでできます。
入力が終われば、チェックマーク「レ」をクリックし「入力確定」します。


 


(3)文字入力 完了

テキストレイヤー

入力確定により文字入力終了し、テキストレイヤーの名称が自動的に変更されます。


テキストレイヤー名の自動変更
テキストレイヤー

入力確定すると、入力文字列によりテキストレイヤー名が、変更されます。

テキストレイヤーは、文字、色、サイズなど変更時に使用します。


(4)レイヤー(パネルエリア)の表示

レイヤーの表示
レイヤーも表示

パネルエリアにレイヤーが表示されていない時、「メニューバー」→「ウインドウ」→「レイヤー」を選択すればレイヤーが表示されます。
あるいはタスクバーの「レイヤー」ボタンを押下すると表示されます。


6.完成イメージ(文字入力)

文字の入力 できあがり〜〜〜!

テキスト文字の変更


7.取り消し/やり直しボタン

<タスクバー>
画像編集 取り消し/やり直しボタン
<メニューバー>
取り消し/やり直し メニュー操作

画像編集時の取り消し/やり直しの時には、タスクバーの「取り消し」/「やり直し」ボタンを使用します。

またメニューバーの「編集」、「取り消し」/「やり直し」の選択でも操作できます。

ショートカットもあります。
取り消し:Ctrl + Z
やり直し:Ctrl + Y


8.画像ファイルの保存く

ファイルの保存は、「ファイルを保存」を参照ください。

上記操作で作成した画像データには、レイヤーを含んでいます。
保存時にJpeg形式以外にPhotoshop形式(*.PSD)で保存しておくと変更操作が容易になります。

9.文字入力の変更

文字入力の変更は、「 文字の入力 (変更) 」を参照ください。