フォトショップ エレメンツのスタートアップスクリーン

フォトショップ エレメンツの「写真の編集」と「整理」

Photoshop Elements には、「写真の編集」と「整理」の2つの機能があります。
Photoshop Elementsを起動すると、「ホーム画面(スタートアップスクリーン)」が表示され、「写真の編集」あるいは「整理」のどちらかを選択できます。

当サイトでは、「写真の編集」の「エキスパートモード」の操作を説明します。
「写真の編集」の「クイックモード」、「ガイドモード」および「整理」モードは、説明いたしません。

Photoshop Elements 2020
「ホーム画面」と「写真の編集」「整理」

Photoshop Elements 2020を起動するとホーム画面(スタートアップスクリーン)が表示されます。
このホーム画面から「写真の編集」あるいは「整理」機能を起動することができます。

Photoshop Elements 2020の画面遷移

フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elements2020の使い方

○整理
デジカメやハードディスクにある画像を取り込み、分類表示、管理する機能です。

○写真の編集
クイック、ガイド、エキスパートの3つのモードがあります。

エキスパートモードでは、ツールや各種機能による画像の合成、加工、文字入力、RAW処理などの画像編集ができます。エキスパートモード以外のクイックやガイドモードでも画像編集はできます。


Photoshop Elements 2020のホーム画面

Elements 2020のホーム画面
フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elementsの使い方

ホーム画面の右下にある「写真の編集」あるいは「整理」から各機能を起動できます。


Photoshop Elements 2018では、スタートアップスクリーンを表示せず直接「写真の編集」あるいは「整理」を起動することができました。

しかしPhotoshop Elements 2020では、直接「写真の編集」あるいは「整理」を起動することができません。

「写真の編集」機能しか使用しない運営者としては、正直な気持ち、不便です。非常に残念!!
編集アプリのショートカットを作り、それを起動しています。


Photoshop Elements 2018
スタートアップスクリーンと写真の編集、整理

Photoshop Elements 2018を起動するとスタートアップスクリーンが表示されます。
このスタートアップスクリーンから 「写真の編集」あるいは「整理」機能を起動することができます。

Photoshop Elements 2018の画面遷移

フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elementsの使い方

○整理
デジカメやハードディスクにある画像を取り込み、分類表示、管理する機能です。

○写真の編集
クイック、ガイド、エキスパートの3つのモードがあります。

エキスパートモードでは、ツールや各種機能による画像の合成、加工、文字入力、RAW処理などの画像編集ができます。エキスパートモード以外のクイックやガイドモードでも画像編集はできます。


Photoshop Elements 2018のスタートアップスクリーン

Elements 2018のスタートアップスクリーン
フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elementsの使い方

スタートアップスクリーン左下にある「写真の編集」あるいは「整理」から各機能を起動できます。


フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elementsの使い方

なおスタートアップスクリーンを表示せず直接 「写真の編集」あるいは「整理」を起動することもできます。


@ スタートアップスクリーン右上の 「設定」 をクリックします。

A プルダウンメニューが表示されます。「起動時に常に起動」を設定します。
「スタートアップスクリーン」、「写真の編集」、「整理」の三者択一です。
例えば「写真の編集」を設定すると、次回の起動から「写真の編集」アプリケーションが表示されます。

お好みに合わせて選択してください。