フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

CameraRaw初期設定の変更&バッチ処理

Photoshop ElementsのRAW現像・バッチ処理にてCameraRaw初期設定を任意の補正値に変更し、全てのRAWデータに一律に補正する操作方法を説明します。

RAW現像・バッチ処理の応用編(その1) − 概要




デジタル一眼レフカメラで撮影したRAWファイルは、RAW現像によりJPEGファイルへの変換が必要です。

Photoshop Elements(Camera Raw機能)のRAW現像・オンラインの基本操作は、次のとおりです。

 <RAW現像 基本操作>
   RAWファイルの読み込み(手動) → 設定値の補正(必要時、手動) → RAW現像 → JPEGファイルへの書込み(手動)

写真枚数が複数の場合、上記操作を繰り返します。
当然、写真枚数が多くなると、それに比例し作業時間も多くなり、さらにファイルへの書き込みは面倒な作業です。

この一連の作業を自動的にパソコン君が行なってくれる機能が 「バッチ処理」 です。

このバッチ処理は、簡単です。 処理指示を済ませると、処理が終了するのを待つだけです。


ただ、このバッチ処理では、上記基本操作の 「設定値の補正」 が、「Camera Raw初期設定値」 で処理されます。
すなわちパーフェクトにRAW撮影されていれば良いのですが。。。。露出アンダー/オーバー だったり、ホワイトバランスが変だったりすると、それなりにRAW現像されてしまいます。

RAW現像・バッチ処理の応用編では、バッチ処理における補正方法について、二つの方法を説明します。

 (1) Camera Raw初期設定を変更しバッチ処理 − 応用操作(1)
 (2) 特定画像のみ手動補正しバッチ処理 − 応用操作(2)
    ※上記(1)および(2)の組み合わせによるバッチ処理も可能


このページでは、(1)の 「Camera Raw初期設定を変更しバッチ処理 − 応用操作(1)」 を説明します。

全てのRAWファイルに対し任意の補正値で一律に補正しRAW現像します。
例えば撮影時の設定ミスで全ての写真が露出アンダーになり、まとめて露光量プラス補正にてバッチ処理を行う場合などに使用します。




Camera Raw初期設定を変更しバッチ処理 − RAW現像(バッチ処理)応用操作 その1


1. Camera Raw補正値の決定

(1)ファイルを開く

Camera Rawの設定値
Camera Rawの初期値
複数のRAWファイルから一枚の画像を選びファイルを開きます。
この一枚の画像を補正し、その補正値で全画像に一律に補正できるようにします。

RAWファイルを開くと 「Camera Raw」 ダイアログが表示され、 その右側部分にCamera Rawの初期値が表示されます。

Camera Raw初期値は、各デジカメ機種に適した値が設定され、RAW現像時にこの値で処理されます。

「バッチ処理」 によるRAW現像も同様に、このCamera Raw初期値が使用されます。


左:例の画像は、プレビューが暗く、またヒストグラム表示が左寄りになっており露出アンダーなのが分かります。
(2)Camera Raw初期値の補正

Camera Raw初期値の補正
Camera Raw初期値の補正
まずCamera Raw初期値を補正します。

プレビューやヒストグラムを見ながら各設定値を変更し補正します。

補正詳細は、RAW現像を参照ください。


左:例の画像は、露光量、明るさなどをプラス補正し、それなりに明るいイメージになっています。

ここで補正した値により、次のステップでCamera Raw初期設定を変更します。
2.CameraRaw初期設定の変更

Camera Raw初期設定の変更
Camera Raw初期設定の変更
上記、補正した値によりCamera Raw初期設定を変更します。

Camera Rawダイアログの 「基本補正」 の右にある印をクリックするとプルダウンメニューが表示されます。

メニューの 「新規Camera Raw初期設定にする」 を選択します。
これでCamera Raw設定値が変更されます。

※ CameraRaw設定値について
ここで変更された値が、これ以降のRAW現像・CameraRaw設定値として使用され、
再度の 「新規Camera Raw初期設定にする」 あるいは  「Camera Raw初期設定に戻す」 を選択されるまで有効です。
なおCamera Raw設定値を初期値(元の値)に戻す時、 「Camera Raw初期設定に戻す」 を選択します。

Camera Rawの終了
Camera Rawの終了
Camera Raw初期設定変更後のダイアログの終了は、右下にある「完了」、「キャンセル」、「画像を開く」のどれでもOKです。
3.RAW現像(バッチ処理)

バッチ処理
バッチ処理
バッチ処理にてRAW現像します。
詳細は、バッチ処理 を参照ください。

RAW現像時、変更されたCamera Raw設定値が使用され、全RAWファイルが一律に補正されJPEGファイルとして保存されます。

※個別に補正されたRAWファイルは、その補正値にてRAW現像されます。

コーヒーブレイク
コーヒーブレイク

多少の処理時間がかかります。

パソコン性能によっては・・・
デジカメ画素数によっては・・・


コーヒー1杯じゃ足りないかも・・・
バッチ処理時間(参考) をご覧ください。
次々に画像が表示され、バッチ処理が進みます。