フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

RAW現像処理

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

RAW現像 − 概要



デジカメ撮影時にRAW形式で保存した画像データは、 パソコン取り込み後そのままの形式では画像を見ることができません。
『RAW現像』と呼ばれる処理が必要です。

   ※RAW形式については、 『 デジカメのRAW形式 』 を参照ください。

この 『RAW現像』 ページでは、デジカメで撮影したRAWデータをフォトショップエレメンツの CameraRaw 機能によりRAW現像する 操作を説明します。

なおRAWデータのフォーマットは各デジカメメーカー・各機種により違うため、デジカメ機種に対応したソフトウェアが必要です。
このフォトショップエレメンツには、各メーカー・各機種に対応したソフト(CameraRawプラグイン)が用意されており、Adobe社サイトからダウンロードすればRAW現像ができます。  こちら 「 CameraRawプラグインのインストール 」を参照ください。

■ RAW現像処理のイメージ ■

RAW現像


RAW現像− 操作方法


1. RAWデータを開く

  RAWデータを開くは、 「 RAWデータを開く 」を参照ください。
2. CameraRawダイアログの表示
RAWデータの表示
CameraRawダイアログボックスの表示
CameraRawダイアログが表示されます。

『サムネイル一覧』 の画像を選択し、必要に応じて CameraRaw 設定を補正します。


※ CameraRawの設定は、まず CameraRaw の初期設定値が表示され、その初期設定値によりプレビュー画像が表示されます。

その初期設定値を補正すると次回はその補正値により表示されます。



3. サムネイル一覧 − RAW現像  (Photoshop Elements 8
サムネイル
サムネイル
複数のファイルを開いた時、このサムネイル一覧が表示されます。

サムネイルの各画像を選択し、プレビュー、ヒストグラムにてホワイトバランス、露出などを確認し、必要に応じCameraRaw設定値を補正します。

サムネイル一覧は、他画像の設定値、プレビューを見比べながら確認できるので便利です。

※ Photoshop Elements 5 では、サムネイルの機能なし。



4. ヒストグラム、プレビュー − RAW現像
ヒストグラム
ヒストグラム
『プレビュー』 にチェックを入れると CameraRaw 設定値に従いプレビューイメージ、ヒストグラムの表示状態が変わります。

ヒストグラムは、画像の明るさを示す棒グラフです。

グラフの左側にもっとも暗い(シャドウ)値が表示され、右側にはもっとも明るい(ハイライト)値が表示されます。
プレビューとヒストグラムを参考とし必要であればCameraRaw 設定を補正します。

例の画像は、グラフが左寄りになっており露出不足であることが分かります。

5. CameraRaw設定値の補正 − RAW現像

(1) ホワイトバランス(色温度 および 色かぶりの補正)

  物質は、温度が高くなると光りはじめ、赤みを帯びた色から黄色みを帯びた白色、さらに青みを帯びた白色、
  青みを帯びた色に変化します。 この光の色を温度で表したものが色温度です。

  太陽の光でも朝や昼、室内の電球、蛍光灯の昼光色や電球色など光源により色温度が違い、それぞれの光源により
  白色の見え方が違ってきます。 この白色を白らしく補正する機能がホワイトバランスです。

色温度、色かぶりの補正
色温度、色かぶりの補正


@ 色温度の補正

  黄色みが強い時、スライダーを左(小さな値)にドラッグすると青みが強くなります。
  逆に青みが強い時、右(大きな値)にドラッグすると黄色みが強くなります。

  撮影時と画像イメージが違う時や撮影時のホワイトバランス設定ミスなどの時に補正します。
  特に室内での撮影において蛍光灯、電灯など光源の種類が異なりホワイトバランスの設定が難しい場合があり、
  この色温度で調整します。


A 色かぶりの補正
   スライダーを左へドラッグするとグリーンが追加され、右へドラッグするとマゼンダが追加されます。

  下の画像3枚は撮影時のホワイトバランス設定ミスにより黄色っぽくなっている画像の補正です。
  色温度の補正に続き、色かぶり補正を行っています。

色温度、色かぶりの補正

  下の画像は、色温度を3250、5250(撮影時設定値)、9500に変化させた色温度の違いと
  色かぶり補正を−60、90に変化させた色かぶりの違いのサンプルです。

色温度の違い
色かぶり補正の違い

(2) 露出量

  画像の明るさを調整します。デジカメの露出設定、露出補正に相当します。
  露光量のスライダーを右に移動すると明るく、左に移動すると暗くなります。

  露光量、補助光などの調整により画像が白ぽっくなる時があります。
  その時には 『黒レベル』 の調整を行います。

  下の画像は、 露光量をプラス調整(スライダーを右移動)しています。
  プレビュー画像が明るくなり、ダイアログ右上のヒストグラムのグラフ表示が右にシフトしています。

露光量補正


(3) 白とび軽減

  画像が露出オーバーでハイライトになった部分の補正を行います。


(4) 補助光

  画像が露出アンダーでシャドウになった部分の補正でプラス値のみの補正です。
  
  下の画像は、露出が空に合い、平地の部分が暗くなっています。
  このアンダー部分のプラス補正です。 補正後に平地部分が明るくなっています。

補助光の補正


(5) 黒レベル

  シャドウ部分の黒レベルを上げます。
  露光量を+補正すると画像が白ぽっくなる時があります。
  この時スライダーを右へ移動すると画像のコントラストが強くなったように見えます。

  下の写真、露光量、補助光の補正で白っぽくなっているシャドウ部分の黒を補正します。

補助光の補正


(6) 明るさ

  露光量と同じ様に画像の明るさを補正し、全体の明るさを調整する時に使用すます。


(7) コントラスト

  中間調を補正します。スライダーを右へ移動すると中間調のコントラスとが強くなり、
  左へ移動すると中間調のコントラスとが弱くなります。

6. RAW現像処理

RAW現像処理
RAW現像処理
上記までの流れで CameraRaw 設定を補正し、次にRAW現像処理をします。

@ RAW現像対象の選択
「すべてを選択」 を選択するとサムネイル一覧全画像が対象になり、あるいはShiftキーもしくはCtrlキーを押しながら選択(クリック)すると複数の画像を選択できます。

A 『画像を開く』 を選択すると、上記補正された CameraRaw 設定値によりRAW現像処理が開始され、 『編集』 ウインドウに画像が表示されます。
また補正された情報は、特定のファイル(*.xmpファイル)に書き出されます。
RAW現像対象画像の選択
対象画像の選択

B 『完了』 を選択するとRAW現像処理をせずに終了します。
また補正された情報は、特定のファイル(*.xmpファイル)に書き出されます。

対象画像の選択
対象画像の選択
特定のファイル(*.xmpファイル)の情報は、次回の 『CameraRaw 設定』 の初期値として使用、
あるいは 『バッチ処理』 のCameraRaw 設定値に使用されます。
詳細は別途説明予定。

xmpファイル
*.xmpファイル
RAWファイルのフォルダー内にxmpファイルが作成されます。
7. RAW現像の終了
RAW現像の終了
『編集』 ウインドウ
RAW現像が終了すると、 『編集』 ウインドウに画像が表示され、画像編集やファイルの保存ができます。
8. ファイルの保存

ファイルの保存は、「 ファイルを保存 」 または 「 Web用に保存 」 を参照ください。