フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

RAWデータを開く

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

RAWデータの操作 − 概要



デジカメ撮影時にRAW形式で保存したRAWデータは、 パソコン取り込み後そのままの形式では、 画像イメージを見ることはできません。
このため画像イメージを見たり・プリントするためRAW形式からJPEG形式などへの変換処理が必要になります。
この変換処理を 『RAW現像』 と言います。

   ※RAW形式については、 『 デジカメのRAW形式 』 を参照ください。

RAW画像のデータフォーマットは各メーカー・各機種により違うため、RAWデータに対応したソフトウェアが必要です。
通常、デジカメ購入時の添付ソフト、 あるいは このフォトショップエレメンツでRAW現像処理ができます。

フォトショップエレメンツでは、各メーカー・各機種に対応したソフト(CameraRawプラグイン)が用意されており、
そのプラグインソフトをAdobe社サイトからダウンロードすればRAW現像ができます。

CameraRawプラグインのインストールは、 『 CameraRawプラグインのインストール 』 を参照ください。

この 『RAWデータを開く』 ページでは、デジカメで撮影したRAW形式データの 『開く』 操作を説明します。


■ RAWデータを開くのイメージ ■

RAWデータを開く

※ファイル拡張子の 「*.ORF」 :オリンパスのRAW形式ファイルの拡張子。
 この拡張子は、デジカメメーカーにより異なります。



RAWデータを開く − 操作方法


1. RAWデータを開く

(1) 「開く」 の選択

ファイルを開く
ファイルを開く
通常のJPEGファイルと同じ操作にてファイルを開きます。
メニューバーから『ファイル』 → 『開く』を選択します。

上記選択すると『開く』のダイアログが表示されます。
2. RAWデータを開く (1ファイルを開く時)

(1) RAWデータの指定
『開く』ダイアログボックス
『開く』 ダイアログボックスの表示
『開く』 ダイアログにRAW現像の対象ファイルを指定します。

『ファイルの場所』には、フォルダー名を指定します。
『ファイル名』にRAW現像対象のファイル名を指定、あるいはファイル一覧から対象ファイルを選択します。

※ファイル一覧を 『表示メニュー』 にてアイコン表示にすると、JPEG形式ファイルでは画像イメージを見ることができます。
しかしRAWデータでは画像イメージを見ることができません。


フォトショップエレメンツに 『CameraRawプラグイン』 がインストールされていればダイアログ下部に画像がプレビュー表示されます。
プレビュー表示されない時、フォトショップエレメンツに 『CameraRawプラグイン』 がインストールされていない可能性があります。

CameraRawプラグインのインストールは、 『 CameraRawプラグインのインストール 』 を参照ください。
なお新しく発売されたデジカメ機種であれば若干遅れてCameraRawプラグインがリリースされる場合がありますので注意ください。

(2) CameraRawダイアログボックスの表示
CameraRawダイアログボックス
CameraRawダイアログボックスの表示
『ヒストグラム』 は、画像の明るさの分布をグラフで表示しています。

グラフの左側には画像のもっとも暗い値が表示され、右側にはもっとも明るい値が表示されます。

『CameraRawの設定』 にてホワイトバランス、露光量などの補正値を設定します。
『画像を開く』、 『完了』 は、CameraRaw補正値の保存、RAW現像などを意味します。


※ 『CameraRawの設定』、 『画像を開く』、 『完了』 についてRAW現像ページにて説明します。


2. RAWデータを開く (複数ファイルを開く時)

(1) RAWデータの指定
『開く』ダイアログボックス
『開く』 ダイアログボックスの表示
『ファイルの場所』には、フォルダー名を指定します。

『ファイル名』に複数のファイル名を指定、あるいはファイル一覧からCtrlキー(あるいはShiftキー)を押しながら複数のファイルを選択します。
(2) CameraRawダイアログボックスの表示 (複数ファイルの時)
CameraRawダイアログボックス
CameraRawダイアログボックスの表示
ダイアログの左側にサムネイル画像が表示されます。

サムネイル画像を各々を選択し、CameraRaw補正値を設定できます。


一般的にRAW処理を行う時、複数(多数)の画像が想定されます。

この 『複数ファイルを開く』 操作は、RAW処理操作の効率アップになります。
また他画像の補正値を確認しながら操作できるので便利です。