フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

デスクトップキャプチャー

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

デスクトップキャプチャー − 概要



ホームページ作成においてパソコンデスクトップの画面イメージ、ウインドウ画面イメージを画像データとして取り込みページ掲載する場合があります。 当サイトがその例ですが、アプリケーションソフトの操作説明を実際の画面イメージをサンプルとして説明すると、とても分かりやすくなります。

この『デスクトップキャプチャー』ページでは、デスクトップ画面イメージ、ウインドウ画面イメージを画像データとして取り込む操作を説明します。

■ デスクトップキャプチャーのイメージ ■

デスクトップキャプチャー


デスクトップ画像のキャプチャー − 操作方法


1. デスクトップ画像の取り込み

キーボードの「 PrintScreen 」キーの押下でその時点のデスクトップ全体のイメージをクリップボードへ取り込むことができます。

「 PrintScreen 」キーは、 通常キーボードの右上にあり、 このキー押下によりその時点のデスクトップイメージが
『クリップボード』へ取り込まれます。

※クリップボードとは、一時的に保存するメモリ領域のことです。
PCの世界では、コピー&ペーストがよく使われますが、このコピーはクリップボードへ保存することであり、またペーストは、クリップボードから取り出し何処かへ貼り付けることです。

2. フォトショプエレメンツへの取り込み

クリップボードからの取り込み
クリップボードからの取り込み
『メニューバー』の 『ファイル』 → 『新規』 → 『クリップボードからの画像』 を選択します。
この操作で、デスクトップ画像イメージの画像データが作成されます。
3. デスクトップイメージ画像の完成

デスクトップ画像
デスクトップイメージの画像
デスクトップイメージの画像です。
これで各ツールにより色々と加工ができます。

ウインドウ画像のキャプチャー − 操作方法


4. ウインドウ画像の取り込み

「Alt」キー + 「 PrintScreen 」キーの押下でその時点のアクティブなウインドウイメージをクリップボードに取り込むことができます。

※アクティブなウインドウ:
複数のウインドウが表示されている時、取り込みたいウインドウをクリック(選択)すると、クリックされたウインドウがアクティブになります。
他のウインドウはグレーアウトし非アクティブになります。

5. フォトショプエレメンツへの取り込み

ウインドウイメージの画像
ウインドウイメージの取り込み画像
操作はデスクトップ画像の取り込みと同じです。
『メニューバー』の 『ファイル』 → 『新規』 → 『クリップボードからの画像』 を選択します。

この操作で、ウインドウイメージの画像データが作成されます。

左の画像は、フォトショップエレメンツのウインドウをアクディブにし、ウインドウイメージを取り込んだ画像です。

プルダウンメニュー画像のキャプチャー − 操作方法


6. プルダウンメニュー画像の取り込み

プルダウンメニュー画像イメージを取り込む時には、『デスクトップの取り込み』と同じ方法「 PrintScreen 」キーの押下でデスクトップ画像イメージをクリップボードへ取り込みます。

7. フォトショプエレメンツへの取り込み、不要部分の削除

プルダウンメニューイメージ画像の作成
プルダウンメニューイメージ画像の作成

取り込み操作はデスクトップ画像の取り込みと同じです。
『メニューバー』の 『ファイル』 → 『新規』 → 『クリップボードからの画像』 を選択します。
この操作で、デスクトップイメージの画像データが作成されます。

画像の不要部分を削除します。
『ツールボックス』から 『切り抜きツール』を選択し、必要な部分をドラッグにより範囲選択します。
この範囲選択でよければOKをクリックします。
8. プルダウンメニューイメージ画像の完成

プルダウンメニューイメージ画像
プルダウンメニューイメージ画像
プルダウンメニュー画像が作成されました。