フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

詳細図を描く(作成)

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

詳細図を描く(作成) − 概要



ホームページ作成において場所の説明、アクセス方法説明などで地図を掲載する場合があります。 地図にも広域図、地域図などいろいろありますが、市販の地図、WEB上での地図の使用は著作権の問題もあり簡単に掲載できない場合があります。

この 『詳細図を描く』 ページでは、詳細に記載された市販地図を使用し、鉛筆ツールなどでコメント、順路などを書く操作を説明します。

当ページで使用している地図は、 国土地理院発行2万5千分の1地形図 「男体山」 を使用しています。

■ 詳細図イメージ ■

詳細図を描く
詳細図イメージ(黒い線:磁北線 上が北 間隔1km  国土地理院発行 1/25000地形図 男体山)


詳細図を描く(作成) − 操作方法


1. ベース地図の取り込み
地図の取り込み
地図の取り込み
地図の取り込みます。

オリジナルの地図は、JPEG形式のファイルなどではなく 『紙』の地図です。
このためまず最初に行うことは、PCへの取り込みになります。
PCへの取り込みには、地図の必要な地域をスキャナーを使用しJPEG形式で取り込みます。
この後、フォトショップエレメンツへ取り込みを行います。

なお地域によっては、紙の地図が2枚にまたがることもあります。
この時には、別々にスキャナー取り込みを行い、フォトショップエレメンツで1枚の画像ファイルに加工し使用します。
2. 詳細図を描く − コースを描く
コースを描く
ブラシツールでコースを描く
コースを描きます。

@ 『ツールボックス』 の 『鉛筆ツール』 あるいは 『ブラシツール を選択します。
A 『オプションバー』 のブラシのサイズを設定します。
B 新規レイヤーの作成
 『レイヤーパレット』 から 『新規レイヤを作成』 ボタンを選択し、レイヤーを作成します。
C レイヤー名称の付加
  追加した新規レイヤーを右クリック → 『レイヤー名の変更』 を選択し、レイヤー名を設定します。
D 『描画色を設定』 によりコースの色の設定します。
   描画色設定については、 『 カラー設定 (カラーピッカー) 』 を参照ください。
E コースに従いポインターでドラッグしていきます。 
  途中で間違った場合には、 『メニューバー』 の 『編集』 → 『ブラシツールの取り消し』 を選択し、描いた線を消します。

  地図などを描く時、多くの情報を書きこむ場合には、上記BからEを繰り返すことをお薦めします。
  レイヤーを細まかく分けることにより、あとの修正が楽になります。

3. 詳細図を描く − 名称を書く
名称を描く
文字ツールで名称を書く
コース順、名称を描きます。

『ブラシツール』 と 『横書き文字ツール』 にてコース順、名称を描きます。

まずコース順を描きます。
@ 『ツールボックス』 から 『ブラシツール』 を選択します。
A 『ツールボックス』 から 『描画色を設定』を選択します。
   表示された『カラーピッカー』 にて描画色 『赤』を設定します。
   描画色設定については、 『 カラー設定 (カラーピッカー) 』 を参照ください。
B ポインターをコース順を描きたい箇所に持っていきドラッグ開始点から終了点まで線を描きます。

次に名称を描きます。
C 『ツールボックス』 から 『横書き文字ツール』 を選択します。
D 『テキストカラーを設定』 で描画色を設定します。
   描画色設定については、 『 カラー設定 (カラーピッカー) 』 を参照ください。
E 『フォント、フォントサイズ』を設定します。
F 文字を書く箇所をクリックし、テキストを入力します。
  文字の入力については、 『 文字の入力 (作成) 』 を参照ください。

4. 詳細図を描く − 詳細図の完成
詳細図
詳細図 完成イメージ
詳細図の完成イメージです。
5. 画像ファイルの保存

ファイルの保存は、「 ファイルを保存 」を参照ください。

この『詳細図を描く』ではレイヤーを使用しています。
保存の時にファイル形式を、JPEG形式(サイト掲載用)以外にPhotoshop形式(*.PSD)で保存しておくと
レイヤーで作成した内容を後で変更することができます。

6. Photoshop形式ファイルの変更

このページで作成した『詳細図』の変更操作は、 「 詳細図を描く (変更) 」を参照ください。