フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

文字の入力 (変更)

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

文字の入力 (変更) − 概要



ホームページ作成・運営時の画像掲載においてコメント、写真の署名など直接画像に文字として入れる場合があります。
この画像に直接文字を入れた場合、フォント、フォントサイズ、位置などを変更することがあります。

この『文字の入力(変更)』ページでは、画像に直接文字を入れた時の変更操作を説明します。
なおこの変更は、レイヤーに対する変更であり、文字の入力の途中段階 あるいは 文字の入力後にPhotoshop形式(*.PSD)で保存された画像ファイルへの変更です。
JPEG形式で保存した画像ファイルへの変更ではありませんのでご注意ください。

■ 文字の入力 (変更)イメージ ■

文字の入力


文字の入力(変更) − 操作方法

1. 画像を開く あるいは 『文字の入力(作成)』ページの続き

『文字の入力(作成)』ページの続き あるいは

『文字の入力(作成)』ページの終了において
保存時のファイル形式を、にPhotoshop形式(*.PSD)にした場合に変更が可能です。

Photoshop形式の画像ファイルを開きます。
ファイルの開き方は、「 ファイルを開く 」を参照ください。
2.オリジナル画像の表示 
オリジナル画像の表示
オリジナル画像の表示
文字入力されたオリジナル画像が、表示倍率100%で表示されています。

文字位置の変更、入力文字の変更、文字サイズの変更を行います。

3. 文字位置の変更 (テキストレイヤーの選択)
テキストレイヤー
変更するテキストレイヤーの選択
文字位置を変更します。

文字位置変更対象のテキストレイヤーを選択(クリック)します。

テキストレイヤーは、通常入力した文字列の先頭桁が名称になっており、文字列から該当するテキストレイヤーを見つけることができます。
4. 文字位置の変更 (移動ツールの選択、移動)
移動ツール
移動ツールの選択と文字の移動
移動ツールにて文字を移動します。

『ツールバー』 から 『移動ツール』 を選択します。 この時、入力されている文字が点線の枠で囲まれます。

点線枠の中をドラッグすれば文字の移動ができます。
文字移動後
文字の移動後
文字の移動後のイメージです。
5. 文字内容の変更 (テキストレイヤー、文字ツールの選択)
テキストレイヤー、文字ツール
テキストレイヤー、文字ツールの選択
入力文字の内容を変更します。

変更対象のテキストレイヤーを選択します。
次に 『ツールバー』 から 『横書き文字ツール』 を選択します。

変更する文字列をクリックするとポインターが縦の形に変わり文字の追加入力・変更ができます。

変更後に 『文字の確定』 の○印をクリックし、確定させます。
6. 文字サイズの変更 (変更文字列の選択)
変更文字列の選択
変更文字列の選択
変更対象の文字列を選択します。

まず変更対象のテキストレイヤーを選択します。
次に 『ツールバー』 から 『横書き文字ツール』 を選択します。

変更対象となる文字列をドラッグし変更部分を選択します。
これで準備は完了です。
7. 文字サイズの変更 (文字サイズの変更)
フォントサイズの変更
フォントサイズの変更
文字サイズを変更します。

『オプションバー』 の 『フォントサイズ』 をクリックすると、フォントサイズ一覧が表示され、一覧から変更したしフォントサイズを選択します。

変更したいフォントサイズが無い場合には、 フォントサイズを直接入力します。

※ フォントサイズの注意点

フォントサイズは、最終的な画像サイズに合わせて指定しておく必要があります。
サンプルのオリジナル画像は、ホームページ掲載時の画像サイズに縮小し表示倍率100%の状態で見ているため、その画像サイズに合わせてフォントサイズを設定しています。

フォントサイズは、表示倍率100%での値です。
オリジナル画像サイズのままで画像サイズを縮小していない場合には、最終画像イメージが予想と違ってくる場合があります。注意しましょう。

8. 文字変更の完了
フォントサイズの変更後
フォントサイズの変更後
文字サイズ変更後のイメージです。

フォントサイズ4ptを設定しています。 フォントサイズ一覧には無いため直接入力しています。
また文字サイズ変更のため文字位置を再度変更しています。

※ 文字の行揃え、行間設定、文字カラーなどの変更は、同様の操作でできます。

※ レイヤーパレットが表示されていない時、 『メニューバー』 → 『ウインドウ』 → 『レイヤー』を選択すればレイヤーパレットが表示されます。


9. 画像ファイルの保存く

   ファイルの保存は、「 ファイルを保存 」を参照ください。

この『文字の入力(変更)』ではレイヤーを使用しています。
保存の時のファイル形式を、JPEG形式(サイト掲載用)以外にPhotoshop形式(*.PSD)で保存しておくと
入力した文字の内容、位置などを後で変更することができます。


10. 文字の入力

   文字の入力は、「 文字の入力 (作成) 」を参照ください。