フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

吹き出しを描く(変更)

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

吹き出しを描く (変更) − 概要



ホームページへの画像掲載において画像に直接コメントを入れたいケースが多々あります。
そのコメントもちょっと砕けた感じで 『吹き出し』 などに入れると感じが違ってきます。

この 『吹き出しを描く(変更)』 ページでは、 カスタムシェイプツールを使用し、画像に吹き出しコメントを描いた後の変更についての操作を説明します。

なおこの変更は、レイヤーに対する変更であり、吹き出し作成の途中段階 あるいは 吹き出し作成後にPhotoshop形式(*.PSD)で保存された画像ファイルへの変更です。
JPEG形式で保存した画像ファイルへの変更ではありませんのでご注意ください。

■ 吹き出し(変更)イメージ ■

吹き出し


吹き出しを描く (変更)− シェイプツール − 操作方法


1. 画像を開く  もしくは 『吹き出しを描く(作成)』 ページの続き

『吹き出しを描く(作成)』 ページの続き  もしくは

『吹き出しを描く』 ページの終了において
保存時のファイル形式を、にPhotoshop形式(*.PSD)にした場合に変更が可能です。

Photoshop形式のファイルを開きます。
ファイルの開き方は、「 ファイルを開く 」 を参照ください。

吹き出し
吹き出しが描かれた画像
吹き出しが描かれた画像が表示されます。
またレイヤーパレットには、吹き出し作成時のテキストレイヤーとシェイプレイヤーが表示されています。
変更では、このレイヤーを使用します。
2. 吹き出しの変更 (色を変える シェイプレイヤー 〜 カラーの選択)
シェイプレイヤー選択
変更する吹き出しのシェイプレイヤー選択
吹き出しの色を変更します。

@ 『レイヤーパレット』 (ウインドウの右側) から変更したい吹き出しの 『シェイプレイヤー』 を選択します。
A 『ツールバー』 から 『カスタムシェイプツール』 を選択します。
B 『オプションバー』 から 『カラー』 を選択します。

『カラー』 を選択すると 『カラーピッカー』ダイアログが表示され、吹き出しの色を設定します。
『カラーピッカー』 の操作は、「 カラーの設定(カラーピッカー) 」 を参照ください。

『カラーピッカー』 で色を設定された時点で吹き出しの色が変わります。
この例では、薄いブルーが設定されたものとします。
※ レイヤーパレットが表示されていない時、 『メニューバー』 → 『ウインドウ』 → 『レイヤー』 を選択すればレイヤーパレットが表示されます。

※ 『シェイプレイヤー』 の選択について
シェイプレイヤーは、 カスタムシェイプツールにてシェイプを作成する毎に作成されます。
このため沢山のシェイプを作成した場合には、その数だけシェイプレイヤーが作成され変更したい、シェイプレイヤーがどれであるかを覚えておく必要があります。
沢山のシェイプを使用する場合、シェイプレイヤーに名前を付けるとシェイプレイヤーの識別が楽になります。
シェイプレイヤーの名称変更は、『シェイプレイヤー』を右クリック → 『レイヤー名の変更』 でできます。

例えば吹き出しを5個作成した場合には、5個のシェイプレイヤー『シェイプ1』、『シェイプ2』・・・と名前がつけられます。
各々にレイヤー名前を付けるを分かり易いです。

吹き出しの色変更
吹き出しの色変更
『カラーピッカー』 で設定された色で変更されます。
3. 吹き出しの変更 (位置、大きさ、向きを変える)
移動ツール
移動ツールにて位置など変更
吹き出しの位置、大きさ、向きを変えます。

@ レイヤーパレット』(ウインドウの右側) から変更したい吹き出しの 『シェイプレイヤー』 を選択します。
A 『ツールバー』 から 『移動ツール』 を選択します。

『移動ツール』 を選択すると 『吹き出し』 の回りに点線が表示されます。

点線の中: 『A』 付近 をドラッグすると吹き出しの位置を移動できます。
点線の外: 『B』 付近でドラッグすると真中を中心として向きを変更できます。
点線の上8か所: 『C』でドラッグすると大きさを変更できます。

『吹き出し』 を変更しても 『文字』 の位置、文字サイズなどは変わりません。
移動ツール
移動ツールにて位置など変更
吹き出しの位置、大きさ、向きがかわりました。

『吹き出し』 を変更されても 『文字』 は元のままで変わっていません。
4. 文字の変更 (位置)
移動ツール
移動ツールにて文字位置を移動
吹き出しに合わせて文字位置を変更します。

@ 『レイヤーパレット』(ウインドウの右側) から変更したい文字の 『テキストレイヤー』 を選択します。
A 『ツールバー』 から 『移動ツール』 を選択します。

文字をドラッグすれば位置も変更できます。
また 『移動ツール』 を選択すると文字の回りに点線が表示され、 『吹き出し』 と同じ様に移動、大きさ、向きを変えることができます。
5. 吹き出し変更完了
吹き出し変更
吹き出し変更
吹き出しの位置、大きさ、向きの変更と文字位置、大きさの変更ができました。

6. 画像ファイルの保存

   ファイルの保存は、「 ファイルを保存 」を参照ください。

この『吹き出しを描く(変更)』ではレイヤーを使用しています。
保存時のファイル形式を、JPEG形式(サイト掲載用)以外にPhotoshop形式(*.PSD)で
保存しておくと後で変更することができます。