フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

大きな不要物の消去

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

大きな不要物の消去 − 概要



写真と撮る時に気づかなかった不要な物が被写体として写っている場合があります。
この被写体を消したいけどと思ったことありませんか?

サイト運営者は、 毎年あるイベントのカメラを担当しています。
地理的・撮影場所の条件により大きな不要物が被写体に写ってしまうことを避けられません。
大きな不要物が被写体に写ることを承知で撮影しています。
フォトショップエレメンツのこの機能は、 とても役にたっています。 (^^)

この『大きな不要物の消去く』ページでは、画像に写っている大きな不要物・余分な物をぼかしツールなどを使用し消去する操作を説明します。

■ 大きな不要物の消去イメージ ■

大きな不要物の消去
影を消去


大きな不要物の消去 − 操作方法


1. 画像を開く

ファイルの開き方は、「 ファイルを開く 」を参照ください。
2. オリジナル画像の表示
オリジナル画像の表示
オリジナル画像の表示
オリジナル画像が、
表示倍率 25% で表示されています。

右下に写っている影を消去してみます。

3. 大きな不要物の消去 − 長方形選択ツールで範囲選択
長方形選択ツール
長方形選択ツールにて範囲選択
『ツールボックス』 から 『長方形選択ツール』 を選択します。

消去したい不要物の回りに似た様な画像で、かつ少し大き目の部分をさがします。 なお似た様な画像は他の画像でもOKです。
似た様な部分が見つかった時、『長方形選択ツール』 にて少し大き目にドラッグし選択します。

例では、 Aの開始点からBの終了点までをドラッグしています。黄色の線:実際は点線です。
4. 大きな不要物の消去 − 範囲選択部分のコピー&ペースト
コピー&ペースト
範囲選択部分のコピー&ペースト
『メニューバー』 の 『編集』 から 『コピー』 を選択し、さらに 『ペースト』 を選択します。

『ペースト』 された時点で、範囲選択部分の画像からレイヤーが作成されますが、画像上では変化はありません。

背景画像の上、それも全く同じ位置に 範囲選択(コピー)した画像がペーストされています。
ペーストされた画像は、 新しいレイヤーで作成されています。
次の移動で変化が見えてきます。
5. 大きな不要物の消去 − 移動ツールにて範囲選択部分の移動
範囲選択部分の移動
移動ツールにて範囲選択部分の移動
『ツールボックス』 から 『移動ツール』 を選択します。
『移動ツール』 を選択すると 範囲選択した箇所に点線枠が表示されます。
この『点線枠』の部分を消去したい部分が隠れるようにドラッグします。

表示倍率が小さく、同じ様な模様の時、このままでも区別が付かない場合もあります。
次では、境目を自然な感じになるように補正します。
6. 大きな不要物の消去 − 境目の補正
境目の補正
200%の倍率表示・境目を自然な感じで補正
『ツールボックス』 から 『消しゴムツール』 を選択します。

境目を 『消しゴムツール』 で少しづつ消していきます。
表示倍率を200%くらい大きくすると境目がはっきりと分かります。
特に 境目が直線で見える箇所は、表示倍率を小さくしても不自然な感じになりますので丁寧に消していきます。

また画像の状態により『オプションバー』 にあるブラシのサイズを変えてみるのもよいでしょう。
『消しゴムツール』 でも不自然な感じの時には、 『ぼかしツール』 あるいは 『指先ツール』 でも自然な感じで消すことができます。
7. 大きな不要物の消去 − 消去後のイメージ
不要物の消去後不要物消去後のイメージ 不要物の消去後の完成イメージです。

8. 画像ファイルの保存

ファイルの保存は、「 ファイルを保存 」を参照ください。

この『不要物の消去』ではレイヤーを使用しています。
保存の時にファイル形式を、JPEG形式(サイト掲載用)以外にPhotoshop形式(*.PSD)で保存しておくと
レイヤーで作成した内容を後で変更することができます。