フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

ファイルの保存

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

ファイルの保存 − 概要



『ファイルの保存』とは、オリジナル画像に対してサイズ縮小、補正などの各種画像編集を行い、
その補正結果を元の場所(フォルダーなど)あるいは別の場所に書き戻すことです。

ファイルの保存操作の中で 『ファイル形式』 と 『画質』 の2点がでてきますが、 これはとても大切なことです。
この『ファイルの保存』ページでは、ファイルの保存操作について説明します。

なお画像ファイルの用途としてホームページ掲載用、メール添付用等であれば Web用に保存 をお勧めします。



ファイルの保存 − 操作方法


1. 画像ファイルの保存
ファイルを保存
ファイルを保存
メニューバーから『ファイル』 → 『別名で保存』あるいは 『保存』 を選択します。

上記選択すると『別名で保存』ダイアログボックスが表示されます。

2. 画像ファイル名の指定
『別名で保存』ダイアログボックス
『別名で保存』ダイアログボックス
表示された『別名で保存』ダイアログに、画像ファイルの保存場所とファイル名を指定します。

『ファイルの場所』には、フォルダー名を指定します。
『ファイル名』には、保存するファイル名を指定します。

『ファイル形式』の代表的なものには、『JPEG』、『GIF』があります。
また『Photoshop』形式もあります。

■ JPEG形式について
写真の画像保存として、一般的にこのJPEG形式を使用します。

JPEG形式は、画像ファイルのファイル容量を小さくするための圧縮方式の一つです。
この圧縮は、画像情報を捨てることによりファイル容量を小さくすることができます。

このため圧縮の比率を高く(高圧縮)すると、容量は小さくなりますが画質の低下が発生します。
逆に圧縮の比率を低く(低圧縮)すると、容量は大きくなりますが画質の低下は抑えられます。
この圧縮の比率は、JPEGオプションの画質で指定できます。

写真の画像ファイル用途として

 ● ホームページ掲載、画像掲示板等への投稿、メール添付などの時

   当ページ 「ファイルに保存」 の方法ではなく  「 Web用に保存 」 をお奨めします。

   この「Web用に保存」の方法であれば、Web用に最適化され (おそらくモニター解像度に合わせた圧縮と推測)
   容量が小さく、かつ見た目の画質低下を抑えた画像ファイルで保存できます。

 ● 印刷用、RAW形式からのJPEG形式へのRAW現像保存などの時

   画質の低下を抑えるため可能な限り低圧縮・最高画質で保存されることをお奨めします。

■ GIF形式について(参考)
256色以下の画像ファイル形式の一つです。イラストなどの画像に多く使用されます。またJPEGではサポートされていない透過画像ができます。

■ Photoshop形式について
文字入力、線を描くなど多くの画像編集をした場合には、JPEG形式とPhotoshop形式の両方で保存することをお奨めします。
先々に文字の変更などが発生した場合、修正操作を容易にするためです。

フォトショップエレメンツで画像編集で行った場合、レイヤーが作成されます。
テキストレイヤー、シェイプレイヤー、ツール使用時に作成したレイヤーなどがあり、
JPEG形式保存の場合、レイヤーが画像の一部として保存され、先々の変更が難しくなります。
Photoshop形式の場合、画像とレイヤーが区別・保存され、先々に変更が発生した場合にはレイヤーに対する変更でき、修正が楽になります。

ただPhotoshop形式で保存した場合には、ファイル容量が大きくなります。 (;^_^A

ファイル形式に 『JPEG』形式を指定すると『JPEGオプション』ダイアログが表示されます。
『JPEGオプション』ダイアログボックス
『JPEGオプション』ダイアログボックス
このJPEGオプションでは、画像の画質を 0〜12の段階で指定します。
 画質 12 最高(低圧縮率)
     11 最高(低圧縮率)
     10 最高(低圧縮率)
      9 中
      8 中
      7 中
      6 中
      5 中
      4 低 (高圧縮率)
      3 低 (高圧縮率)
      2 低 (高圧縮率)
      1 低 (高圧縮率)
      0 低 (高圧縮率)

ファイルとして保存される。
画質については、「 画質 」 を参照ください。 画質サンプルもあります。

『JPEGオプション』 ダイアログの画質設定値は、 オリジナル画像の画質、その画像の用途などにより一意に決めることはできませんのでいろいろ試してください。