フォトショップ エレメンツ ビギナーのために
                        Windows編

デジカメのRAW形式

ホームページ作成において掲載写真の各種画像編集が必要になります。 当サイトでは、PhotoshopElements初心者を対象として ホームページ作成・運営で必要な各種画像編集を中心とした操作を紹介します。

RAW形式 − 概要



デジタルカメラの記録形式としてJPEG形式が一般的に使用されていますが、JPEG形式以外にもRAW(ロウ)形式があります。
このRAW形式は、デジタル一眼レフや一部のコンパクトデジカメでも使用可能になっています。

JPEG形式は、デジカメ内部でホワイトバランス、露出などの各種設定値により画像編集がされ、かつ圧縮処理後にJPEG形式データとして記録されます。
画像データを圧縮することで画像データの容量が小さくなり、そのかわりに画質低下の要因になるわけです。

一方、RAW形式は、デジカメ内部では画像編集されず非圧縮の形式で記録されます。
このためRAW形式は、高画質が維持されますが、しかし。。。



RAW形式のメリットとデメリット

RAW形式データは、デジカメ撮影時に未画像編集のままメモリカードなどに記録されます。
このためパソコンに取り込んだだけでは、画像イメージとして見ることができません。

RAW形式データに対して画像編集を行いJPEG形式などに変換しようやく画像イメージとして見ることができます。
このRAW形式から画像イメージに変換する処理は、 『現像』 もしくは 『RAW現像』 と呼ばれています。

このRAW現像の段階で、撮影時のホワイトバランス、露出、コントラストなどの補正を行うことができます。
なおこのRAW現像処理は、ソフトが必要になりますが、通常デジカメ購入時の添付ソフトになっています。
またフォトショップエレメンツでもこのRAW現像の機能があります。

RAW形式についてのメリット、デメリットをまとめてみました。

■ メリット ■

@ 高画質を維持
 カメラ内部の画像編集を通しておらず、また圧縮もされていないため高画質のままで保管できます。
 撮影時・現像時の高画質の状態で画像イメージを得ることができます。
 さらにRAW形式で保管することにより先々現像ソフトの進化(機能追加)でさらなる高画質を得る可能性もあります。

A RAW現像時の補正
 画質に影響させずにホワイトバランス、露出(露光量、明るさ)、シャドウ補正、コントラストなどの補正を行えます。
 ホワイトバランス設定ミスの補正、デジカメ特性の補正で役にたちます。

■ デメリット ■

@ 記録容量が大きい
 RAW形式のデータ形式、非圧縮形式などによりデータの記録容量がJPEG形式と比べたくないくらいに大きいです。
 このためデジカメのメモリカード、パソコンのハードディスク容量を圧迫することになります。

A 現像が必要
 RAW形式データのままでは画像イメージとして見ることができず、RAW現像処理が必要です。
 なおこの現像処理は、バッチ処理として自動に行うこともできます。


● デメリット@、A と メリットA について補足 ●

サイト運営者が、使用しているデジカメの仕様を次表にまとめています。
この表を見て頂ければRAW形式データの容量が大きいことが分かると思います。

 OLYMPUS E-500
形式 画像1枚
の容量
1GBカードの
記録可能枚数
画像サイズ 備考
RAW 13.6MB 72枚 3264×2448  
JPEG (SHQ) 6.4MB 159枚 3264×2448 圧縮 1/2.7
JPEG (HQ) 4.5MB 227枚 3264×2448 圧縮 1/4

 OLYMPUS SP-510UZ (コンパクトデジカメ)
形式 画像1枚
の容量
512MBカードの
記録可能枚数
画像サイズ 備考
RAW 10.4MB 48枚 3072×2304  
JPEG (SHQ) 5MB 96枚 3072×2304 高画質
JPEG (HQ) 1.8MB 280枚 3072×2304 標準画質


CFカード サイト運営者は、山歩きが好きでよく出掛けていますが、出掛ける時は、必ずデジカメ2台と5GB+0.5GBの計5.5GBのメモリカード(CFカード)を持っていきます。
撮影は全てRAW形式で5.5GBのほとんどを撮ってしまいます。

メモリカード自体は、パソコン取り込み後消去し再利用できるのでよいのですが、パソコンのハードディスク容量が圧迫され続けています。
出掛ける度に約4〜5GBが増加しているわけです。このまま撮り続けるとハードディスクは。。。。(^^;)

RAW形式の一番のデメリットは上記の通りですが、それにも増してメリットの方が大きいです。

RAW現像は、確かに面倒です。でもこの現像の段階で画質に影響を与えずに各種補正ができるのが最大のメリットです。
特に露出補正は、よく使用しています。デジカメの特性として暗い所では明るく映り、明るい所では暗く映る傾向が見られ、これの補正などにも使用します。
また一番顕著に表れるのが雪景色の撮影です。
『白い』 雪が 『灰色』 の雪に映ったりし、この時の補正にも役にたっています。

RAW現像は、フォトショップエレメンツを使用しています。
1回の撮影で300枚程度になりますが、まず 『バッチ処理』 でまとめて自動現像処理します。
その中からホームページ掲載用をピックアップし、補正が必要な画像を手動で現像しています。

デジカメ撮影時は JPEG形式? RAW形式? どちらがいいの?

この判断は、非常に難しいです。 メリット、デメリットを挙げていますが、
サイト運営者の 『デメリット』 が、ご覧の方の 『大デメリット』 になるかもしれません。

ホームページ掲載だけを目的とした撮影であればJPEG形式でもいいでしょう。
。。。。。と言いたいところですが、その撮影チャンスが少なく失敗を許されない時は、RAW形式をお勧めします。
ホワイトバランス、露出などの各種補正が、完全ではありませんけどある程度できます。もちろんピンボケは補正できませんけど。

メモリカード、パソコンハードディスク容量少し圧迫します。。。いや! かなりかな。。。圧迫します。 RAW現像少し面倒です。

それでも一度試してみる価値があります。

またRAW現像ソフトは、 このサイトで紹介しているフォトショップエレメンツをお薦めします。
お薦め理由は、 現像時の補正で『黒レベルの補正』、『補助光の補正』があることです。